自分でクレジット現金化をする場合のメリットとデメリットとは?

クレジット現金化は実は自分自身で行う事が出来ます。
しかし、お手持ちのクレジットカードの利用停止になると言うリスクが全くないと言う訳では無く、むしろ、利用停止になる可能性が高いとも言われています。
自分でクレジット現金化を行う場合はどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

自分で行うクレジット現金化のメリット

自分自身でお手持ちのクレジットカードを現金化する場合のメリットとして、やり方によっては還元率を最大限に高める事が出来るかもしれないと言う事が挙げられます。
もちろん、絶対に最大限に高められると言う訳ではありません。
その可能性があると言う事です。
ショッピング枠の余っている部分が100万円あったとしたら、限りなく100万円に近い還元率にする事が出来る可能性アあると言うのが自分でクレジット現金化をする時のメリットです。

自分で行うクレジット現金化のデメリット

自分のクレジットカードで何か商品を購入した時、換金率の高いと見込まれる商品はクレジット会社もチェックをしています。
その為利用停止になる可能性があり、常にリスクと背中合わせの状態になります。
また、こうした換金率の高い商品を購入した場合、高く買い取ってくれる店や業者に持ち込む必要があるので、若干の手間がかかります。
持ち込まない場合でも、送料がかかったり、購入した商品の還元率の変動が安定しないので一定の還元率での即金は難しい場合もあるのです。
労力を費やしても自分で行いたいと言う場合にはこうしたデメリットがある事も覚えておくと良いでしょう。